妊活で大切なのは心だと思いました。

私が妊活を始めたのは結婚してすぐ。
28歳の時でした。

すぐにでも赤ちゃんがほしかったのですがまさかその後、度重なる流産を経験するとはその時は思ってもいませんでした。
赤ちゃんがほしいと思う気持ちは、女性なら当然のことですよね。

でも赤ちゃんって、すぐにできるものではなかったのです。
たくさんのたくさんの奇跡が重なって、やっと赤ちゃんを授かることができるのです。

私も結婚したらすぐにママになれると、簡単に思っていました。
ですから何度も何度も流産をした時は、地獄から這い上がることができませんでした。

毎日泣いてばかりでした。

でもこんな泣いてばかりのママのところに、赤ちゃんが来てくれるはずもないですよね。
自分が元気にならないと。

自分が生き生きした生活をしないと。
そう考えるようになった時に、無事に赤ちゃんを授かることができました。

出産も大変でしたが、自分の腕に赤ちゃんを抱いた時の感動は一生忘れないでしょう。
赤ちゃんのぬくもり、重みが心地よく涙が溢れました。
赤ちゃんには感謝の言葉しかありません。

こんなママのとこに来てくれてありがとう。

私は一生かけてあなたを守るよ。
そんな気持ちでいっぱいでした。
ママになるためには、まずは自分が素敵な女性にならないとですね。